高知県の地鶏「土佐ジロー」専門店

はたやま夢楽
お取り寄せ専用TEL
宿泊予約専用TEL

温泉暮らし

おはようございますおはよ。

久々の更新ですペコ

4日連続で、お泊まりのお客さんがいたので

温泉暮らしをしていましたおんせん

私がお嫁に来た畑山地区は

ネット環境が、ものすごく悪く

市街地に出ないとネット接続できる環境になりません汗

携帯電話がつながるところまで行くには

車で30分近くかかります・・・

ずっと畑山にいることは楽しいけれど、

携帯やネット世代?の私にとっては、ちょっと悲しいところです汗

という事情があって、

ブログの更新も毎日はできないかと思いますが

気長にお付き合いくださいきゃっ

先月までの記者生活では

出勤時間ぎりぎりまで寝ていた私が

今では、ほぼ毎朝5時起きです日の出

5時に起きて、旦那さんはひとまず温泉のお掃除へ掃除

朝の温泉入浴は7時半から。

それまでに旦那さんは、

お気に入りの土佐ジローTシャツに鉢巻き姿で

ごしごし浴槽磨きをしています。

私は、8時に向けて

お客さんの朝食準備ですaya

でも、数人のお客さんだと時間には余裕があるので

朝の写真撮影へ。

はたやま夢楽(むら) 嫁日記-onsen.asa

朝露に濡れたコスモス。分かりますかね・・・。

蜘蛛の巣もキレイだったんですけど、

写真ではうまく撮れませんでした汗

はたやま夢楽(むら) 嫁日記-asa

畑山温泉から集落を見渡した風景です。

あの山のずっと向こうに安芸の市街地があります。

畑山への道中はとても狭い道ですし、

畑山から奥に向かうと、もっと狭い道が続きます。

でも、旧畑山村の中心?「ほんそん」は広々としていて

田んぼやユズ畑があります。

旦那さんいわく、ここだけ岩盤が軟らかかったから

川が蛇行しながら、切り開いた地形じゃないか・・・と。

さて、これなんだかわかりますか?
はたやま夢楽(むら) 嫁日記-ryukyu

高知では「りゅうきゅう」と呼びます。

愛媛では「ついも」かな。

大学時代、神楽坂の割烹でバイトしていたときには

「ハスイモの茎です。先が見通せるという縁起物です」と

カツオやマグロの刺身のつまとしてご案内していました。

でも、現物を見るのは、畑山に来てからかなぁ汗2

あららそういえば、津野の道の駅でも見かけたから、

あまり意識していなかったからだけかもあせ

畑山温泉では、敏腕料理人の伸江さんが

お味噌汁や煮物などにして、食べさせてくれますsei

お客さんにも

すき焼きにも入れて、

ぐつぐつ煮込んで食べていただいています。

さて、朝食ができあがりました食事
はたやま夢楽(むら) 嫁日記-chyosyoku

土佐ジローの卵かけご飯

アメゴ(アマゴ)の干物・・・軟かいので、頭も尻尾の骨も食べられます魚の骨

土佐ジローのお肉もそうですが

魚を焼くときは、こまめにこまめに返しながら焼くと

ぜんぜん、違う逸品ができあがりますじゅる・・

私は、まだまだ修行が足りないので

監視の厳しい旦那さんの顔色をうかがいながら、

「ぼっちり」(ちょいど)の加減を目指して焼いてます(笑)

で、お客さんに食べていただいている間に

わたしたちも朝食を。
はたやま夢楽(むら) 嫁日記-makanai

最近、はまっているアメゴを頭から・・・。

以上、温泉の朝でしたにゃ

  • ブログカテゴリー

  • アーカイブ

  • 産地直送お取り寄せ
    ご宿泊予約
    ランチ予約