高知県の地鶏「土佐ジロー」専門店

はたやま夢楽
お取り寄せ専用TEL
宿泊予約専用TEL

畑山線

今日は畑山温泉の定休日。
ですが、週に1度のゴミ出し等
お仕事もあるので、畑山へ。

ということで、ここ数日の畑山暮らしです。

先日は、道がつえた畑山ですが
雨でも通行止めになったりします。。。

photo:03

こんな掲示場が掲げられますが
雨は上がってるので、畑山へ向かいます。

途中、ハギノ建設さんが土砂の取り除き作業をしてくれてました。
感謝、感謝♡

畑山では、来月の協働の森林事業の打ち合わせ。
基宏さんたちと。


photo:02

日本興亜損保さんと
はたやま夢楽実行委員会との協働の森林事業も
ことしで6年目。最終年度です。
間伐事業や交流事業などを行なってきました。

高知県内では協働の森林事業が盛んですが
私たちのように任意団体と企業が協定を結んでいるのは
珍しいそうです。

ことしは10月13日、14日と交流事業を行います。
毎年60人くらいの方が訪れるため
受け入れる畑山温泉はてんやわんやの大騒ぎ。
なにせ料理を作るのは、
信恵さんをメーンに、私がサブ…2人だけ。
ことしも頑張ります…ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ

もし、ボランティアで助っ人してくれるって方がいらっしゃれば
大歓迎です(;´∀`)

さて、今日は靖一さんのトラックで上がって来たので
途中で、写真をちょこちょこ撮りました。

まずは岩戸。
photo:04

右手に溢れてる湧水はけっこう有名だそうで
汲みに訪れる人もたくさんおいでます。
私たちもたまに汲みに行きます。

右手上にのぼっていく道がありますが
ここの奥には、かつて集落があったそう。
今は、畑山~栃の木の間に集落は無いですが
昔は、こうした道の奥に集落が点在していたんだとか。

そうですよね、40年前に2000人を超す人が
暮らしてた畑山村だったんですもんね…
今は300人にも満たない。

こちらは、安芸の川の分岐から
じょうでんの滝までの間にあるところ。

photo:05

この道をつづら折りにのぼって行くと
かつての集落跡があるそう。
家や畑だけでなく、田んぼもあったそう。
大蛇伝説のあるところで、
蛇はたくさんいる模様。

もう少し進んだところにある吊り橋。

photo:06

この奥にも集落があったそう。
曾祖母たちは、ここの集落から嫁いで来たんだとか。

さて、これはなんでしょう。

photo:07

信恵さんによると、ヤナギイノコヅチというそう。
珍しいらしく、今度の草刈りでは草刈り対象外にすべく検討中。
10月になると、畑山線の草刈りが始まると思いますので
皆さん、徐行にご協力お願いします。

工期が残り1ヶ月程度となった工事現場。

photo:08

随分と掘削されて、道幅が格段に広がる予感♡
靖一さんが若いころ、ここを車で通りかかったら
川から助けを求める声があり、
転落した人たちを助けたんだとか。
それから陳情も2度ほど行った現場。
20年近くが経ち、ようやく拡幅された道に
靖一さんは感慨深い模様。

雨降りになると、道が川のようになり
道幅も狭いし、ガードレールもないし
けっこう怖い場所だったので、私も嬉しい☆

最後にイワジシャ。

photo:09

もう終わりかかっているけど。
巷では珍しいらしいけれど、畑山線には普通に自生してる。
薬用にもなるんだとか。

畑山線はけっこう魅力たっぷり。
桃源郷ですね~。

  • ブログカテゴリー

  • アーカイブ

  • 産地直送お取り寄せ
    ご宿泊予約
    ランチ予約