ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

山の人の知恵。マムシを捕るのも好きな靖一さん。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く⑨―

*2016年5月22日*

畑山に来て

驚いたことはたくさんある。

でも、

自分が求めていたことでもあるので

嫌うというよりは

いつか自分もやってみたい

という好奇心が強い。

 

例えば、こんなこと。

 


 

圭子:

タヌキの油って

畑山に来て初めて知ったよ。

 

靖一:

タヌキの油は、昔から作りよるね。

傷薬にしたり。

昔は、塩がようけきいちょったと思うけんど。

その塩漬けのタヌキ油を焼いて、

傷口に落とさないかんがやき。

油を傷口の上にもっていっといて、

焼いて、傷口へ落とすような使い方。

 

圭子:

今はお母ぁが作るよる

タヌキの油は

塩漬けやなくて

白色でそうとうキレイなよね。

においもあまりないし。

私でも違和感なく使えるくらい。

オブラートに包んで風邪薬に

って言われても、受け入れられるくらい。

 

靖一:

そうやね。

胃潰瘍とか

胃の薬になるっていうけんど。

昔のタヌキの油やと、飲むのはきついと思う。

昔は塩漬けのような油。

今はラードみたいな感じやろ。

 

圭子:

そうそう。

ラードみたい!

 

靖一:

タヌキ独特のワイルドさが

昔のにはあったけど、

今のは上品になっちゅう。

どこで習うてきたんやろうね。

今のこの純度の高い油なら

飲み薬にしてもいいのかもしれんけんど。。。

 

圭子:

今の季節になると

マムシ…

うちにもおったがやろうかなぁ。

ヘビはようけおったけど

マムシの記憶はあんまりないがよ。

青大将って私の腕より太いのは

おったりしたけど。。。

 

靖一:

マムシは、頻度にもよるけんど

学校から帰ったら、

七輪の上に、

とぐろを巻いた状態で

骨があぶってあったがよ。

ポリポリしてみたら、

意外とおいしいやん!

っていうことで食べました。

身は食べたことないなぁ。

 

圭子:

お義父さんが好きやったが?

 

靖一:

マムシは、おやじは好きではなかったと思う。

お母ぁは

とにかく捕るのが早かったきね。

鎌をもっとったら、

一発やけど。

なかったら、

木の枝とかでね。

声を出すと、マムシが逃げるきね。

マムシを見つけたら

声を出したり、

目を離さずに

「タッ、といかないかん」。

 

圭子:

お母ぁは怖くないがやろうか。

 

靖一:

怖いっていうのはあると思う。

怖いっていうのがあるき、

どう対処せないかんっていうのがあるがよ。

 

圭子:

靖ちゃんも捕るの好きでね。

 

靖一:

自分が捕るようになったのは、最近。

お母ぁの従弟がうちへ

仕事に来よった時に、

500mlのペットボトルに

マムシを捕まえてきたことがあって、

いろいろ聞いてみた。

そいつが捕まえてきたのを見て、

意外とやれそうやんって思うて。

俺は、びびりやけん。

捕る時は、

完全武装で行くがやけど。

簡単にとれたがね。

 

IMG_3448

 

圭子:

マムシが好きやないって言いながらも、

梅雨時になったら、

わざわざとりに行くよね。

 

靖一: 

面白いんやろうかなぁ。

ドキドキ感というか、

達成感というか。

生け捕りにしたら、

それなりに価値がでるき、

捕ろうと思うがやけど。

 

圭子:

そう言うて売ったことはないろ。

商売苦手やもんね…

でも、買いに来た人もおったがでね。

 

靖一:

買いに来たいうか

「1年もので1本1万円

 2年もので1本2万円」

って言うた人がおったがね。

そういう市場もどっかにはあるがやろうね。

 

圭子:

くれぐれも噛まれないように…

 

 

IMG_1797

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する