ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

東京オリンピックと畑山。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く⑤―

*2016年5月19日*

昭和世代でよく聴かれるのが

東京オリンピックと三種の神器。

畑山の場合はどうだったんだろう…

 

圭子:

今、宿にテレビを置いてないけん

畑山はテレビが映らんと思われちゅうけど

今もテレビは映るよね。

いつごろからテレビがあったが?

 

靖一:

小学校1、2年の時には

近所にあったんだろうかな。

 

圭子:

じゃぁ、オリンピックは見たの?

 

靖一:

東京オリンピックは、

ニュース映像かなんかで見たくらいで

キレイに見てないがと思うがやけんど。

誰かの家にテレビを見に行ったっていう記憶はないなぁ。

家にテレビが来たのは小学校2−3年。

オリンピックより1−2年遅かったんじゃなかったかな。

白黒テレビが家に1台。

夜1時間とかじゃない見たんは。

とにかく親父らは朝が早かったし。

 

圭子:

お父さんといえば、

よく怒られた話を聞くけど(笑)

 

靖一:

父親には小学校の3−4年の頃から、

しょっちゅう怒られよったわね。

秋の薄暗くなりはじめた頃に

学校から帰り始めたら、

3km歩いて帰り着く頃には真っ暗やん。

薪風呂やったけんど、

「親が帰ってくるまでには沸かしとけ」

って言われちゅうのに、

帰ってなくて

よぉ怒られたわいね。

 

圭子:

どんな怒られ方したん。

 

靖一:

思いっきし体罰やね(笑)。

親父にも怒られたけど、

お母にも怒られた。

火箸でたたかれたね。

直径7−8mmの火箸でね。

あとは薪で。

お風呂もご飯炊くのも薪やったきね。

土間に薪がくべてあった。

その薪で叩かれた時に、

薪が折れたのはショックやったね。

そればぁの力で叩くかって。

 

圭子:

お母ぁも若かったがやね。

 

靖一:

日の暮れが早いと遊ぶ間がないというか、

すぐ日が暮れるもんやき。。。

帰って、怒られて、追い出されて。

畑山まで歩いて行って、

おばちゃんとこに

泊まりに行こうと思ったけど、遠いき。

隣りのおばちゃんくの

風呂の焚き口のところに座りよったら、

おばあが迎えに来て

「一緒にあやまっちゃるき、帰ろう」って。

 

圭子:

「うしろのしょうめんだぁれ」の世界みたい。

 

靖一:

2回目は南向いて行ったら、

文旦か八朔かの木のもとに

稲わらを置いちゃあったので、

そこにねっころがって、

夜をあかすつもりやった。

そしたら、懐中電灯に顔照らされて。

お母が迎えにきとった。

 

圭子:

お母ぁも心配やったがやろ。

 

靖一:

3回目くらいになったら、

もう追い出されるき、

先手をうってやろうと。

殴られたあとやろうかな。

「出ていくき、着替え出してくれ」

って言うたら、張り倒されて、

物置に建て込まれたね(笑)。

 

圭子:

さすがやね。

怒られどころを掴んでる(笑)

 

靖一:

暗いっていうのもあって

「出してくれ」

「おしっこしたい。ここでおしっこするぞ」

って叫びよったら、珍しくおじいが開けてくれたね。

 

圭子:

変な知恵ばっかり働くがやね(笑)

 

靖一:

小さい子はかわいいき、

暴力ふるわんやろう、と。

三番目の弟が前なら怒らんやろう、

って茂を盾にしたこともあったきね。

でも、茂も同じように殴られたきね(笑)。

パンって音がするように張り手をされたきね。

親父に。

俺は小学校3−4年で、

横着な盛りやき、

俺なら仕方ないけど、

4つも下の弟を張り倒すか、って思うたけどね。

 

圭子:

テレビの他の三種の神器は?

 

靖一:

テレビは、ゼネラルってメーカーを

農協が持ってきたね。

数年後に、洗濯機が

ブラザーってメーカーかな、が来て。

それからあとで、トヨタの冷蔵庫が来たね。

トヨタ家庭用品が訪問販売しよったがよ。

畑山出身の人がそんな仕事をしよって、

持ってきたね。

 

圭子:

「三丁目の夕日」とかの影響かなぁ。

三種の神器が家に来ると騒いでる子どもの映像が浮かぶけど

靖ちゃんらも騒いだの?

 

靖一:

そのものの魅力がわかってないきね。

特に騒がんかったね。

誰かの家に集まって、テレビを見ることもなかったし。

 

圭子:

やっぱり協調性ってなさそうだね(笑)

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する