ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

万能な土佐ジローのガラ

*2021年1月27日*

寒い日が続いています。

土佐ジローのスープが美味しく感じる季節です。

 

 

お取り寄せ→土佐ジローがら5羽【冷凍】

 

土佐ジローは小柄なので

ガラも1羽で300gくらいです。

それでも、冬場は人間と同じくよく肥えるので

大きなものだと400gくらいあります。

 

いつも褒めてもらうのは

ジローのガラのきれいさ。

 

ガラの掃除や、茹でこぼしは不要で

すっきりと透明のスープが取れます。

 

 

 

写真は、昨年のスルラクセの山本たくみシェフが

土佐ジローの会で作ってくれた

キクラゲとジローのスープです。美味しかったー。

 

 

【基本的なつくり方】

ガラと水を用意する。

1羽に対して、水3リットルくらい。

お鍋に水を入れて、がらを入れて、強火にかける。

アクが出たら取り除く。

煮立たないように火を調整して、20分ほど煮て出来上がり。

 

好みで、アクを取り除いたあとに

玉ねぎやニンジン、生姜などを加えて煮る。

 

\活用方法/

ポトフや卵スープはもちろん

キムチ鍋や、トムヤムクンにもおすすめです。

 

 

寒さはありますが、

春は近づいてきてるなぁと思う今日このごろ。

 

 

 

はたやま憩の家の玄関先の早咲きのサクラはこんな感じに。

 

 

 

お山は、花粉が・・・(;・∀・)

 

過ごし易い日は

はたやま夢楽のミーティングは

お庭でやります。

 

ワコ(犬)やメェメェ(ヤギ)も参加します。

 

 

 

先日、食鳥処理衛生管理者の講習会に

はたやま夢楽から2名参加しました。

慎ちゃんと、安芸くん。

 

加工場の運営には、管理者が必要なのですが

はたやま夢楽では既に3名が有資格者です。

 

保健所の方には、

「えっ、3名もいらっしゃるんですか?」と驚かれたくらいです。

 

でも、若手にも取っておいてもらいたいと思っていて

近年、受講機会を狙ってました。

 

年に1回で、けっこう遠方で開催されるんですが

ことしは東京開催だったので、申込みました。

 

 

コロナ禍で、オンラインでの開催になり

この1カ月、eラーニングを使って

加工が終わった後で、勉強を続けてきました。

 

で、最後のオンライン受講がありました。

 

 

 

 

スマホで、畑山から参加しました。

 

 

 

 

 

無事に2人とも合格できたようです。

お疲れさまでしたー。

 

 

2人が学んだことが

今後、ジローの生産と加工に生かされることと思います♪

 

 

最近、シャイボーイになってきた長男は

あまり客間にも顔を出さなくなってますが

「母ちゃん、写真撮って!」とやってきました。

 

 

 

 

 

なにかと思えば…(^^;)

アポロの星型が出たそうです(笑)