ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

福地鶏の人に、土佐ジローの話を。

*2018年1月20日*

 

恐竜の出迎える福井県に行ってきました。

 

福井で発掘された恐竜が

駅前で迎えてくれました。

 

駅まで、福井県庁の方が迎えに来てくれて

福井県庁へお邪魔しました。

 

 

お堀の水は凍ってました(゚д゚)!

 

快晴でしたが

先週の雪がいたるところに残っていて

南国・高知から来た人間には

いろいろ、楽しい♪

 

福井へは、畑山から約7時間。

今回は車と汽車と新幹線とサンダーバードを乗り継いで。

 

 

高知には、「ごめん」という駅もあるんですよ。

 

福井に呼んでもらったのは

福井県庁が最近、「福地鶏」という

卵肉兼用の鶏を開発したので

六次産業化や販売戦略について

はたやま夢楽の話をしてほしいということでした。

 

県庁の中には

生産者さんや六次化に取り組む方

行政関係者の計80人くらいで来てくれていて

土佐ジローがどんな鶏で

どういう飼育法をしていて

どういう販売をしているか

宿はどういう経営をしているか

などを1時間ほど話させてもらいました。

 

終わってからは、

生産者の方に声を掛けてもらって

福地鶏の話なども少し聞かせてもらえました。

 

 

県庁に飾ってあった福地鶏の卵です。

ロード系の掛け合わせということで

赤玉で、大きい!

卵の重量が75g。

ジローは45gとかなり小ぶりで

それを見慣れてるので、余計に大きく感じました。

 

お肉は、まだ売り出してはなくて

5月に販売スタートだそう。

 

今は、飼育日数を何日にするか

シェフたちの意見も聴きながら

試行錯誤中なんだとか。

 

私にとっても勉強になった会でした。

 

 

そうそう福井に来る前に、

お風呂場のペンキ塗りが終わりました(^^♪

 

 

 

はたやまの緑をイメージしてみました。

 

 

 

この後、壁に何かが起こります(*´ω`*)

目に楽しい空間になるよう

もう少し手を加えていくつもりです♪

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する