ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

都会へ憧れることはなかった。

*2016年5月29日*

都会へ憧れることはなかった。

 

限界集落に嫁いだ元新聞記者が

限界集落になりゆく

むらで育った夫に聴く16

 

 


 

圭子:

靖ちゃんは、畑山へ残ったけど

健ちゃん(次男)らは、

中学卒業と同時に県外へ出たよね。

同級生も皆、町へ出て行った。

それに加えて

弟らも出ていった。

靖ちゃん自身は

都会へ憧れたり

羨んだりっていうのはなかったが?

 

靖一:

健二は、

中学卒業で

トヨタに。

茂も大阪ガスに入ったがね。

会社が用意してくれた

学校に通いながら

働くって形で

就職したわいね。

 

圭子:

学校の歴史の教科書で

集団就職について習うたけど

それとは、時代はちょっと違うよね。

 

靖一:

昔のような集団就職ではないかもね。

茂が就職する時に

「都会へ行ってどうするつもりな?」

って聞いたら

「俺は行きたい。自分を試したい」

って言うたが。

でも、3年目あたりで

「帰りたい」って言うてきたことがあったがよ。

そのときは

「自分で選んだ道やろう。

 そんな気持ちで行ったもんじゃないやろう」

って止めたんよね。

でも、茂自身の想いに反した

っていうことで、

たしなめたわけではないが。

戻ってきても

俺は茂の仕事を創ってやることもできてなかったし。

畑山に戻って来て

何をしたらえい、

とは言うてやれざったがよ。

ただ、そうやって思いとどまらせて

大阪におることにしたのがよかったんかどうかは

ずっと胸に引っかかったままあったがね。

自分が都会へ憧れるっちことは

無かったけど、

弟らが帰って来れる場所にできてない

もどかしさはずっとあったかもなぁ。

 

圭子:

靖ちゃんは

中学を卒業して

職業訓練校に行ったよね。

そのあと、

小松建築に 弟子入りして。

弟子の時に

夜間の高校に通うたよね。

 

靖一:

アンチ学歴みたいな考えがあったがやけど

高校くらいは出ておこうかなぁと思うてね。

仕事が終わってから

学校に通って、卒業したがよ。 

 

圭子:

なんで大工やったが?

 

靖一:

大工は俺にとっては

最後の砦やったが。

大工道具1つで

50万円からの道具になるがよ。

まかり間違えても、

大工でなら

食いつなげられるやろうっていうのが

俺にとっての大工やったが。

でも、限界集落やと家が建つことは無いがよ。

自分が大工で身を立てようとするなら、

人のおらんくではできんが。

毎年、人が減っていく中で、

人が減るのをなんとかしたいって、

青年団をしながら、もやもやと思い始めちょったがね。

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する