ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

31歳になりました。

*2014年5月8日*

今日、5月8日で、31歳になりました

自分が生まれた月だからか、1年で一番嬉しく、わくわくするのが5月です(^^)

 

20歳のころには、想像もしてなかったはたやま暮らし。

四季も四巡目を迎え、はたやま夢楽のスタッフからは

「姉さん」「ヌシ」と言われるようになりました(笑)

 

嫁いだばかりの頃は、

日々の暮らしを楽しんだり、嬉しい事よりも

大変なこと、嫌なことが多くて、

安芸も高知も嫌いになりかけていました…

 

 

でも、安芸にも友だちができ、

安芸のお母さんたちが、損得勘定抜きで励ましてくれ、支えてくれ

高知の人たちの優しさに触れ、

人をどんどんと繋いでもらい、

新しく得た学びもたくさんあり

安芸、高知に来て良かったなぁと

心から思えるようになってきました

 

 

人が捨て去った畑山。

捨て去ろうとする畑山。

でも、畑山の自然はあるがままに美しく、優しく

数百年、千年と多くの人を養ってきた土地の強さが

私たちに希望と夢を与え続けてくれています。

 

 

畑山には誰も築けない未来がある!!

馬鹿じゃないかと思うかもしれないけど、

そんな気持ちで、畑山に嫁いで来たのが4年前のこと。

 

50年前にいた800人が今は60人。

しかも高齢化が著しく、地域活動なんて夢のまた夢。

普通の田舎の集落で当てはまることは何もあてはまらない

限界を超えて、消滅に向かうところで

これまでの経験も通じない、ほかの事例もあてはまらない

やりたくても体は一つしかない

いろんな限界を感じてきた4年でもありました。

 

でも、石の上にも3年とか、日本のことわざ、古語が持つ意味って

本当に深いものがあるんだなぁと実感できた4年でもありました(^^)

 

 

長年の憧れの人、群言堂の松場登美さんには

「畑山って凄くいいところね」

「あなたは私の若いころによく似ている」

「時代の最先端を歩んでるのよ」

「あなたが頑張るから、私も頑張る」

そう言って励ましてもらい、

少しずつ少しずつ、開けてきたことがあるようで

なんとか今日を迎えています(^^)

 

 

心想事成(しんそうじせい)

 


登美さんが教えてくれた中国の言葉。

想いはいつか叶う。強く想うことが大切。

 

 

畑山で明るい未来を夢見て、切り開いていきたいと

改めて思っています(^^)

 

 

畑山は魅力あふれる土地です。

まだまだ人の暮らせる土地の力があると思います。そんな力を引き出していきたいがです。

 

 

20歳のころよりも、ますますへんてこな私に磨きがかかりそうですが

引き続き、よろしくお願いいたします(^^♪

 

 

 

<鯉のぼり運動会>

さて、今日は尚太郎の通う保育所で

鯉のぼり運動会が行われました(^^)

 

 

DSC_0279

 

 

 

滝をのぼる鯉のように、大きく元気にたくましく育って…

 

鯉のぼりが空を泳ぐ中、

尚太郎たちは、元気いっぱい運動会を楽しみました(^^♪

 

 

 


DSC_0304

 

 

 

午後は、愛媛から、デザイナーの人に来てもらって

はたやま夢楽のご案内(^^♪

 

 

DSC_0318

 

 

 

 

 

ジローの鶏舎では、小さなジローから、大きなジローたちが

元気よくお出迎え~(^^♪

 

 

 

 

DSC_0322

 

 

 

尚太郎は、サムにご飯をあげるんだ~!とダダをこねはじめ…

自分は、和代さんにもらったお菓子を握りしめて、

「サムにあげたら?」と言っても絶対にあげない(-_-;)

 

サムに舐められたし、私が尚太郎から取り上げて

サムにあげると号泣(;・∀・)

 

 

新しいお菓子を手に持って、鶏舎をご案内~。

 

 

 

 

 

DSC_0323

 

 

 

最近は、ジローにも慣れたのか

よほど、近くにいかない限りは

鶏舎にも自分から入って行くようになりました(^^♪

 

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する