ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

ス・ルラクセのたくみシェフによる土佐ジローの会

*2022年4月18日*

ジローのおうちで
ス・ルラクセの山本たくみシェフによる
土佐ジローの会を開催しました!

 

【土佐ジローの会】

土佐ジローを長年、追求し続けてくださっている
山本たくみシェフと、はたやま夢楽が共催するイベントです。
不定期にて、畑山とス・ルラクセさんで開催しています。

 

【次回のご案内】

次回は、5月11日(水曜日)19-22時
ス・ルラクセさんで開催します。

ご予約は、088-854-8480(ス・ルラクセ)

@ス・ルラクセ
高知県高知市帯屋町2丁目1-34 ケイビル3F
会費 6,600円(税込、飲み物別)
定員 15〜20名

 

ご予約お待ちしております<(_ _)>

 

さて。昨日の会の様子を
参加者のHさんの写真もお借りしながら
ご紹介していきます。

 

安芸駅からのげんきバスや自家用車で皆さん、お越しになりました(^^)/

畑山は快晴。

お部屋の中で席をご用意していましたが
天気もよく、庭でスタートされた方も。

 

 

その横で、たくみシェフは、BBQ用のウェーバーで、パエリアを作ってくれていました。

 

 

今回のお品書きです。

 

最初の3品は、こんな感じでした。

 

 

土佐ジローのレバーペースト。

たくみシェフお手製のレバーペーストは
とてもクリーミーで、ジローの旨味が凝縮しています。

 

 

ジローのつくだ煮。
最近、たくみシェフが新開発したメニューだそうで
皆さんにも好評でした。

 

 

土佐ジローの煮卵、はたやま夢楽の柚子胡椒とあわせて。

 

 

お庭で楽しまれている方たち。
畑山を満喫していただいていました♪

 

 

 

むね肉のたたきと豆のサラダをバルサミコソースで。
たくみシェフこだわりの高知県産食材だっけのサラダです。
夜須のフルーツトマトの甘みもあり、
土佐ジローのムネ肉とバルサミコのハーモニーが絶妙でした。

 

 

 

土佐ジローの肝類のアヒージョ。
ちょっとピリ辛で、くせになる味わいです。

 

 

 

土佐ジローの水餃子。

皮もたくみシェフが作られていて、
土佐ジローのお肉とスープで味わう水餃子は絶品でした。

 

 

 

土佐ジローのもも肉のコンフィ。
柔らかく、旨みが凝縮されて、野菜の甘みもあり
メーン料理に最高でした。

 

 

彩り豊かなパエリアが仕上がりました。

 

 

ジローのスープの旨味と、手羽の旨味、野菜の旨味があわさって
本当に美味しかったです。

 

 

 

最後は、土佐ジローたまごのプリン。

濃厚で美味です。

 

食後は、バスの来る時間帯まで、思い思いに畑山を過ごしてました。

庭も気に入ってもらいました♪

 

 

 

夜は、たくみシェフたちが泊まってくださってので
ジロー談義をしながら、炭火焼をあーだこーだ。

 

 

網の上に乗せたジローの角度と焼き具合を確認しながら
この時は、この角度が…などと話し込んだのでした(笑)

 

 

 

 

安芸虎入河内も、ジローラベルにしてもらってますが
たくみシェフのTシャツも、ジローTです。

 

5月11日のス・ルラクセさんでの土佐ジロー会には
私・小松圭子がお邪魔して、ジロー談義をさせていただきます(#^.^#)

ご予約お待ちしています♪

 

【5月11日スルラクセの会のご予約はこちら】

ス・ルラクセ;TEL 088-854-8480