ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

またまた五位が森へ

*2020年3月13日*

 

 

水曜日は、

お宿の定休日です。

 

 

長男が小学校になってから

休みがあわず、家族で出かけるのも

難しくなってますが

コロナ騒動で、学校が休みになったので

皆で、五位が森へ登ることに。

 

 

先日は、ほんの散歩程度でしたが

今回は行けるところまで行こう、ということで

土佐ジロー弁当を持って出かけてきました。

 

 

近所のばぁちゃんや

豪雨の復興工事をしてくれている作業員さんたちに見送られて

10時過ぎに出発しました。

 

 

前回登ったとこまでは、こちらをご覧ください。

 

その先は、こんなお山が広がっていました。

 

 

 

 

その昔、靖一さんたちがつけた看板も

まだ健在です。

 

 

 

運動不足の両親を置いて

子どもたちは、ぐんぐん進みます(-_-;)

 

 

 

 

 

はたやま憩の家から小一時間くらい歩いたでしょうか。

それでも、まだ石積みがあります。

 

 

 

 

石積みがある

ということは

その昔、ここに田畑があった

ということです。

 

 

毎日のように

ここまで耕しに来て、荷物も運搬してたことでしょう。

 

 

 

 

 

その昔…

靖一さんたちが休憩ポイントにした場所にたどり着きました。

 

今は、樹木が高くなって見えないですが

以前は、畑山集落が綺麗に見えていたポイントのようです。

 

 

 

切株から新芽が出始めていました。

すぎぼっくりが発芽して、新芽になって

これが、この周りの巨木のようになるんだなぁと思うと不思議です。

 

 

炭窯の跡がありました。

 

 

 

 

ここで備長炭を焼いてたんでしょうね。

登山道のすぐ近くにあったので

靖一さんは、「尾根に炭窯を造ったところが多かったけどなぁ」

と、ちょっと不思議そうでした。

 

 

靖一さんは、炭焼き小屋で生まれた人です。

そういう時代だったんですね。

 

 

 

子どもたちは、まだまだ元気です。

服も1枚になって、

家から持参した竹の剣を振り回しながら歩いてます。

 

 

 

 

ときどき、松の木があります。

 

 

 

乾燥した松ぼっくりがあるなぁと思って歩いていると

少しずつ湿っぽい松ぼっくりになってきて

落ちたばかりの松ぼっくりが現れた、と思うと

松の木があります。

 

 

 

 

松の木の下で、お弁当にしました。

靖一さんが、一番へばってて

お弁当を食べたら、下山かな、と思っていたけれど

尚太郎は登りたくてたまらない…

ので、もう少し登ってみることにしました。

 

 

もうちょっと?

もうやめる?

 

もうちょっと?

もうやめる?

 

 

の会話を繰り返しながら

せめて、皆伐したところまでは行きたいね、

ということで、もう少し頑張ってみました。

 

 

 

 

空が見えてきました!!

 

 

 

 

振り返れば、ずいぶん向こうに靖一さんがいる…

 

あまりはぐれるのも良くないので

子どもたちをストップさせながら

お互いの姿が確認できるくらいの距離で

歩いていきます。

 

ようやく皆伐地点に出ました!

 

 

 

 

 

まだ、しっかりと登山道です。

 

 

日当たりがいいからか

ミツマタの花が綺麗に咲き誇ってました。

 

 

 

 

 

 

 

パノラマで撮影してみました。

 

 

 

 

 

今度ははっきりと畑山が見えます。

写真でしか見たことがなかった

遠景の畑山をしっかり見ることができました。

 

 

 

 

 

向こうの方に、安芸市街が見えました。

太平洋も。

 

 

 

写真だとかすんでますが

肉眼だと、かなり綺麗に見えました。

 

左手の皆伐跡(うっすらと草木が生えてるあたり)は

正藤集落のあたりでしょうか。

 

はたやま憩の家の向かいから、

正藤に向けて抜ける道があって

牛やバイクなども通れたようです。

 

憩の家から眺めていると

あんな山の上を歩いてたのかぁと思ってましたが

遠景で見ると、近く感じます(^^;)

 

 

靖一さんが、子どものころに遊んだ山の話や

同級生があの山の中から学校に通ってた、という話などを聞きながら

今日は、ここまで。

 

 

登るのは3時間くらいかけて登ってきましたが

下るのはあっという間、小一時間で下山しました。

 

帰ってからはハンモックでゆらゆら。

 

畑山ならではの休日になりました。

 

来月は、山頂まで行きたいなぁと思ってます。

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する