ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

クラウドファンディングを通して得られるもの

*2018年6月15日*

クラウドファンディング3日目です。

 

 

続々とご支援をいただいております。

ありがとうございます!!

 

資金集めをしておりますので

金額の多寡が気にならないと言えばウソになりますが

なによりも寄せられるコメントの一つひとつに

目頭が熱くなります。

 

 

 

ready forの仕組み上

ニックネームで投稿いただいている方は

どなたなのかは、資金集めが終了になるまで

私にはわからないのですが

この方かな、あの人かな、と思いながら

拝見しています。

 

本当に、ありがとうございます<(_ _)>

 

「圭子さんの人生は波乱万丈。なんでへこたれないの?」

と良く言われるんですが、

私だって、くじけそうなことは多々あります。

 

今回の件は、さすがにくじけそうでした。

 

でも、お客さんたちが笑顔でジローを食べてくれ

なにかにつけて気にかけてくれ、声を掛けてくれる。

 

だから、まだ畑山で頑張れるんだと思います。

 

「またお邪魔します」「遊びに行きます」と声を掛けてくれる人がいる。

 

こんな山奥まで、

わざわざ来てくれる。

 

「来て良かった」「癒される」

 

そう言ってもらえることが、

どれだけ私たちの励みになるか。

 

そんな中でのクラウドファンディングでのコメントは

本当に胸に迫るものがあります。

 

ありがとうございます<(_ _)>

 

 

今回のクラウドファンディングを見掛けた友だちが

「土佐ジローってすごい魅力があると思うし、

今後も増え続けるインバウンド旅行者に対しても、

今やられている宿泊事業も

かなり訴求力があると思うんだけど、

なにか協力できないかな?

というか率直に、

個人の投融資の対象として非常に興味があります。」

と連絡をくれました。

 

大学時代の友だちで、

今は投資会社で活躍しています。

 

そんな彼から、こんな連絡が来るなんて( ゚Д゚)

 

 

「これからの日本の観光は

体験が主流になっていかなければいけないし、

実際にそうなっているし。

そういう貴重なコンテンツは生かさなければいけないし、

活かすことで立派な収益を産むと思う」

 

とも書かれていました。

 

1年前に、加工場からの立ち退き話が出た時には

たとえ1,000万円の建物建設であっても

融資は受けられないと思っていました。

 

畑山という立地条件の悪い中での信用問題。

土佐ジローという特殊な地鶏の飼育の将来性。

会社の経営状態・・・

 

従来の融資条件としては

間違いなく、厳しい状況でした。

 

でも、土佐ジローへの揺るぎない愛情と情熱、

お客さんに喜んでいただける場所作りへのこだわりは

来ていただいた人には、共感をしていただけているようです。

 

前回のクラウドファンディングを通じて

お客さんたちの声が

いろんなことで伝播していったことで

メディアでも取り上げられることとなりました。

 

なにより、

今回の建設を可能にしようとしてくれています。

 

また、投資のプロから見ても

評価してもらえる状況になったのかと思います。

 

8月末まで、まだまだ時間があります。

この場を通じて、たくさんの方と繋がっていければと思っています。

 

 

 

さて。

昨日は、高知市へ出かけておりました。

 

今年から、四国銀行さんの株主優待の商品として

土佐ジローを扱っていただくことになりました!!

 

はたやま夢楽にとって、初めてのことです。

 

たくさんの方が気にかけてくれ、

ご縁を繋いでくれての選定になりました。

 

そして昨日は、

株主優待の発送に向けた説明会があったのでした。

 

 

そこで、今夏のパンフレットも初めて拝見しました。

 

 

お気づきでしょうか…

 

表紙に「土佐ジロー」が写ってます!!

 

 

たくさんの商品がある中で、ジローがトップで紹介されていました♪

 

ありがとうございます<(_ _)>

 

間もなく、株主さんからのご依頼が入って来るようですので

喜んでいただけるよう、頑張りたいと思います。

 

説明会を終え、次男を保育園に迎えに行き、宿へ。

 

小さなお子さん連れでのお泊まりでした。

 

子どもってすぐ打ち解けるんですよね。

凄いなぁと思います。

 

昨日も早速、一緒に遊んでました。

 

ホタルの舞いも終盤に差し掛かってはいるのですが

夕食後に、一緒に川へホタル見学に。

 

幸い、雨はあがっていたので、宿の上り口の坂で1匹

川で数匹のホタルを見ることができました。

 

子どもさんにとっては、

初めてのホタルだったようで

喜んでもらえました。

 

そろそろゲンジボタルに代わって、

ヒメボタルが舞い始めるでしょうか。

ゲンジよりも小さいですが

幻想的な光景になります。

 

7月のお泊まりも、平日はまだまだ空室あります。

畑山で、お待ちしております。

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する