ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

明日は飯田橋でジロー♪

*2017年6月23日*

土佐ジローを
東京で味わう♪
私が楽しむ(*´ω`)

 

明日、飯田橋の
スクニッツォに
お邪魔します。

 

土佐ジローを可愛がってくれてる
イタリアン「スクニッツォ」の
近谷シェフが卒業される。

 

 

その話を聞き
近谷さんがいる間に、
またジローを味わいに行きたい!

近谷さんに相談して、
生産者の会を企画してもらいました(*´ω`)

定員は30人だったかな。
皆さん、来ていただけるとのことで
もう10人近くオーバーしてるんだとか。

 

*写真は前回の生産者の会の一コマ。

 

とても、楽しみです♪

5年前かなぁ。

土佐ジローの大口取引先が倒産して
どこに売って良いかが分からず
在庫ばっかり抱えてた時期。

東京の福島屋さんで
店頭販売をしに行った時のこと。

「ジローなんて売れるはずがない」
と、高知から一緒に出店する人に
鼻で笑われたのが
あまりに悔しくって…

知り合いもいない立川で
慣れない店頭販売ながら
食べてもらったら分かる!
その意気込みだけで店頭に立ってた。

試食してくれた人たちが
「たまには良いお肉も食べなきゃ」
そう言って買ってくれた。

持ってった数は完売させ
試食用に持ってた分も
お店のご厚意で売らせてもらった日の夜。

 

知人と食事に行った。
「ジローを扱ってくれるかも知れない
お店を選んでみたの」
そう言って、ワインで乾杯。

料理も美味しい。
生産者の顔が見える店内。
素敵だなぁと思った。

店内は満席。

シェフは厨房。

忙しい最中に
「高知で鶏育ててるんです!」
そう言ってジローの話を始めた。

近谷さんにとっては
衝撃な出会いだったようで
今でもネタにされる(笑)

翌日、電話がかかってきて
「送って欲しい」と言ってもらった。

それからのご縁。

畑山にも食べに来てくれた。

加工場も見てくれた。

ジローも見てくれた。

 

 

生産者の会も開いてくれた。

 

 

東京出張の時には
美味しいジローを食べさせてもらった。

スクニッツォのメンバーも
皆、よくしてくれる。

私の東京のオアシス。

ジローがどう変身するか。
近谷さんの料理が楽しみ。

 

明日、ご予約いただいてる皆さん
お会いできるの楽しみにしています(^^♪

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する