ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

総務大臣賞をいただきました!

*2017年1月21日*

総務省が行う

「ふるさとづくり大賞」の個人表彰で

私、小松圭子が総務大臣賞をいただきました!

 

ふるさとづくり大賞

全国各地で、

それぞれのこころをよせる

地域「ふるさと」を

より良くしようと頑張る団体、個人を

表彰することにより、

ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、

豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを

目的としています。

 

ということです。

 

こういうことで評価いただいたようです。

 

・「土佐ジロー」を活かし、

山村の自律と自立を実践しながら、

地域振興につながる様々な取組みは、

人口減少、高齢化が著しく進む

過疎集落の可能性を示すとともに、

その持続可能な経営体制の構築に向けた努力などは、

各地の山村における「地域おこし」のモデルとなるものである。

 

・六次産業化で、具体的な事業に取り組み、

雇用創出している実績は評価に値する。


・幻の土佐ジローを全国区にし、

コミュニティ・ビジネスの創出も含め、

地域活性化した点を評価。

・こういった移住者が活躍していることを

もっと多くの人に知ってもらい、

地域を元気にしていくようになればいいと思う。

3,000人の効果は大きいと思う。

 


 

私のことへの評価となっていますが、

もちろん靖一さんが築き、

スタッフたちが共に歩み続けてきてくれ、

皆さんが応援してくれたからこそ

これらの言葉になったはずです。

 

心から感謝します。

 

3千人という数字が書かれていますが

はたやま憩の家の年間来客数になっています。

ただ、数年前は8,000人近くありました。

 

多くの人に来ていただくことで

畑山への県道の維持・拡張を願い

できるだけ多くの方に

畑山に来ていただこうとしていた時期の来客数でした。

 

けれど、畑山のゆったりした時間の流れの中で

街中のような慌ただしい接客は

私たちが目指すものではないと感じ

経営を意識しつつ、私たちが目指す姿へと

情報発信の仕方で、次第に少なくしていきました。

 

そして、去年は3千人でした。

3千人という数字は、

人口が40人しかいない畑山にとっては大きい数字です。

その方たちに、畑山でゆったりと、美味しい時間を過ごしてもらい

また、畑山へ行きたい、畑山へ帰ろう、

そう思ってくれることに繋がっていけばいいなぁと思っています。

 

とはいえ、街中のお店で見れば小さな数字だとは思います。

 

 

まだまだ課題が山積している中、
お声掛けいただけたのも、
これからの可能性を感じとっていただけての評価ではないかと
勝手に感じています。

 

2010年に畑山へ来て
思っていた以上に難しい課題が多く
理解されないことへの歯がゆさを感じたことも
自分の不出来を痛感することも随分とありました。

 

師匠や友だちに泣き言を言ったのは数知れず、
いまだに都合よく、電話をかけています。

 

「過去と他人は変えられない。でも、自分と未来は変えられる」

「私たちは時代の最先端を歩いているの」

「私だって、貧乏したわよ。苦労はしても、不幸じゃないでしょ」

 

素敵な方たちと出会え

良いご縁が続き

はたやまで暮らし続けられ

まだ夢を諦めずにいられることに

感謝しています。

 

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する