ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

土佐ジローの供養祭

*2020年5月13日*

先月のこと。

 

年に一度の土佐ジロー供養祭を執り行いました。

 

 

 

新しい加工場になってから

初めての供養祭です。

 

 

本来なら、ジローファンの皆さんもお招きして

ジローの御霊を供養したかったのですが

うちうちで、執り行いました。

 

 

 

 

 

 

 

加工場の敷地内に、テントを張って

氏神様でもある水口神社の神主さんをお招きして

供養祭が始まりました。

 

 

 

 

 

段ボールが転がっているのは…

供養祭とは関係なく…

子どもたちが、なぜか段ボールにはまって

いろいろと楽しんでたからです(;'∀')

 

 

 

 

 

はたやま夢楽では、週に4日食鳥処理・食肉加工をします。

1日あたり50羽程度で、月産が千羽くらい。

年間で1万2千羽ほどの土佐ジローを加工しています。

 

 

神主さんの言霊には、土佐ジローの名前もきちんと登場します。

命あるものをいただくことで命が繋がることに感謝をしながら

また、土佐ジローのおかげで、大好きな畑山で暮らせることに感謝をしながら

供養祭は進んでいきます。

 

 

去年は、無事に加工場を新設することができ

食鳥処理の衛生面でも向上がはかられただけでなく

仕事の効率化にも繋がりました。

 

 

加工場の新設にあたっては

クラウドファンディングを通して

全国各地のジローファンの皆さんに応援をいただきました。

 

供養祭のあとは、

いつもは【おきゃく】で盛り上がるのですが

ことしは、土佐ジロー弁当を食べました。

 

 

 

 

 

土佐ジローのから揚げや炊き込みご飯

ジローのロール真季や煮込みのほか、

畑山の山菜料理など。

 

 

 

加工場の周りではいろいろな花も咲き始めていました。

 

 

 

 

シュロの花も。

 

 

 

スタッフが、シュロを見ていて

「鉄砲でも作るか」

と、倉庫から道具を出してきて

子どもたちに作ってくれました。

 

 

 

 

鉄砲の玉は、さっきから転がってた段ボールで作ります。

 

 

 

 

狙いを定めて…

 

 

 

そんなお山暮らしです。

 

 

来年の供養祭は、賑やかに執り行いたいと思います。

 

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する