ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

2016年5月の記事一覧


父の日ギフトに土佐ジローと土佐あかうしをどうぞ!

ことしの父の日ギフトに土佐ジローはいかがですか?  はたやま夢楽の土佐ジローと人気急上昇中の土佐あかうしのギフトセットをすえひろ屋さんが作ってくれました(^^♪ はたやま夢楽からの直接販売ではないのですがこちらのすえひろ屋さんのサイトから注文できます(^^)/ すえひろ屋さん土佐ジローと土佐あかうしセット 約5千円土佐ジローと土佐あかうしセット 約1万円&n...

土佐ジローの串焼き、美味しいんです。改めて、美味い!!って思う味でした。

   先日、土佐ジローの串焼きをお腹いっぱい食べるという日がありました。    塩だけで丁寧に焼きあげる土佐ジローの串焼き。 イベントによっては1人が50本も買ってくれる方もいますし10本、20本のまとめ買いも。 1本150円。 決して安くはないけれど子どもたちもお小遣いを握りしめて買いに来てくれる...

はたやま憩の家を貸し切りにして、土佐ジロー三昧な日曜日。

尚太郎も年中さんになり保育園のお友達とも元気に仲良く遊べるようになりました♪ 去年に引き続きことしも、日曜日にクラスのみんながはたやまに遊びに来てくれました(^^♪ みんな、家族できてくれるので総勢40人(*´ω`)   これ以上、お客さんが座る席がないので貸し切り営業です<m(__)m>  尚太郎もずっと楽しみにし...

都会へ憧れることはなかった。

都会へ憧れることはなかった。 限界集落に嫁いだ元新聞記者が限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く16   圭子:靖ちゃんは、畑山へ残ったけど健ちゃん(次男)らは、中学卒業と同時に県外へ出たよね。同級生も皆、町へ出て行った。それに加えて弟らも出ていった。靖ちゃん自身は都会へ憧れたり羨んだりっていうのはなかったが? 靖一:健二は、中学卒業でトヨタに。茂...

暮らしが成り立つ土台があって、ハレの日ができる。

暮らしが成り立つ土台があって、ハレの日ができる。 限界集落に嫁いだ元新聞記者が限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く15  圭子:今、畑山で集落の集まりをしたら、10人以上は集まるよね。50人しかおらん集落で参加率は高いと思うが。でも、大半が70~80代。その年齢の人が地域の主な会合に集まって意見を言うっていうのは、田舎育ちの私にも不思議な光景やったよ。私の田舎では、...

5月29日のランチ営業は貸切となります。

はたやま憩の家の5月29日のランチ営業は貸切営業となります。...

地域を守るってなんだ?

地域を守るってなんだ? 限界集落に嫁いだ元新聞記者が限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く14  私が嫁に来た時、亡義父の姉は「就職するでも、嫁に行くでも、家よりも一歩でも町へ近づくようにと学校の先生に教わった。なんであんたは畑山へ嫁に来た?」と問われた。バブルの時代にも町へおりようともせず、畑山で鶏を飼い、弟まで巻き込んだ甥のことでさえ、半ば理解できないのに、県外か...

インターンを検討中の人へ。

はたやま夢楽ではことしもインターン生の受け入れをしています。 こんな人、どうぞ。はたやまで暮らしてみたい人大手企業への就職ではなく自分自身で何かを生み出してみようと思ってる人生き物を生産、加工してみたい人限界集落でのビジネスモデルに触れたい人接客業が好きな人 インターン期間中は賃金は発生しませんが食事と寝る場所は、はたやま夢楽が確保します。土佐ジロー食べられますw 基...

地域から学校がなくなるとき。

地域から学校がなくなるとき。 限界集落に嫁いだ元新聞記者が限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く13 昔、畑山には小学校の分校が2つもあった。800人も人が暮らした時代のこと。 50年が経ち人口は50人を割り込むまでになった。 嫁に来る前還暦前の女性は誰ひとりいなかった。20代だった私。 長男・尚太郎が生まれると畑山で子どもが生まれたのは集落で22...

畑山の通信事情。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く12―

畑山の通信事情はそれだけとっても記事が1本くらい書ける。 秘境っぷりがよくわかる。 嫁に来る前はかろうじてdocomoのmova回線とauが場所を選べば入っていたけれどその後、fomaに替わり通信事情が変化する中でとうとう電波が何も入らなくなってしまった。 固定電話の音声も不安定でものすごく遠い。 僻地だから仕方がないと諦めていたら知り合いから「NTTは、こ...

県道畑山線、通行止め(時間規制)のお知らせ

 梅の収穫シーズンですね。畑山はまだ少し先ですが信恵さんがおすそ分けしてもらった梅を抱えてきてくれました♪  さて。道路工事が始まっています。   先日までは畑山線の入り口で舗装工事だったのですぐに終わったんですがこんどは、上手です。 去年、拡幅したところの北側を、もう少し拡幅してくれるようです。 安芸駅周辺からは車で...

中学を卒業して。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く⑪―

圭子:中学を卒業する時にそのまま畑山に残るとか進学とか、集団就職とかはどう考えたが? 靖一:中学校の先生は「高校へ行け」言うたけんど。勉強自体が好きでもないし。アンチ学歴みたいな気持ちもあったし。家の経済状態も理解しとったし。進学は無いやろう、と。 圭子:畑山に残って働くっていう選択肢もあったが? 靖一:5つ6つ上の先輩らの時代には、営林署とか林業の会社とか山の仕事が...

畑山川で捕れたアマゴでBBQ。星空を見ながら楽しむ畑山の夜。

日曜日の夜のこと。「アマゴ焼きゆうでー」とお誘いがありました。  行ってみると、アマゴが。畑山川の上流域で今日、とれたばかりのアマゴ。*川は海とは違って 入漁券がいります。 誰もが釣れるものではありません…  炭をおこして、焼いていきます。 アマゴを焼く前にジローも焼いてましたw  川魚は遠火で焼くのがコツなのでちょっと火が強か...

山のアルバイト。子どものころから親しむ仕事って。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く⑩―

圭子:山でアルバイトしたって言いよったよね。海でバイトって言うたら私は、イメージがわくけど山のバイトってどういうこと? 靖一:山の下草刈のバイトをしたね。造林の手伝いもしたことあるけんど。1m60cmくらいある刈り込み釜って手鎌で下草を刈るが。弟の健二と、大人と一緒にやったね。お母ぁの手伝いで行ったパターンがほとんどで、子どもだけで行ったのは中3になってからかな。 圭子:それっ...

畑山で竹を切って、竹馬を手作り。大人が童心にかえれる遊び道具♪はたやま憩の家で遊べます♪

ある日のこと。靖一さんが事務所にやって来て「尚太郎と竹馬の竹伐ってくる」って言うんです。 あら、珍しい。腰の重たい靖一さんなのにw天気が崩れるか…と心配したくらいです。    事務所から帰ってみるともう出来上がりつつありました。  まずは、尚太郎用に。 私は子どものころ竹馬っていう文化がなかったもんで竹馬を持つのも初め...

山の人の知恵。マムシを捕るのも好きな靖一さん。―限界集落に嫁いだ元新聞記者が、限界集落になりゆくむらで育った夫に聴く⑨―

畑山に来て驚いたことはたくさんある。でも、自分が求めていたことでもあるので嫌うというよりはいつか自分もやってみたいという好奇心が強い。 例えば、こんなこと。  圭子:タヌキの油って畑山に来て初めて知ったよ。 靖一:タヌキの油は、昔から作りよるね。傷薬にしたり。昔は、塩がようけきいちょったと思うけんど。その塩漬けのタヌキ油を焼いて、傷口に落とさないかんがやき。...
1 / 3123

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する