ご家庭で土佐ジローが味わえる!ネットde通販
はたやま憩の家ご宿泊
土佐ジローランチ

土佐ジロー卵の販売を休止します。

*2015年5月12日*

IMG_1767

 

春が過ぎ、

土佐ジローたちの産卵率も低下してきました。

ホームページでの販売を休止致します。

 

再開は秋ごろを予定しています。

 

 

 

 

【色川】

10月に和歌山県那智勝浦町に呼んでいただけることになりました♪

第2回「わかやまの棚田・段々畑サミット」

での事例報告として

はたやま夢楽の事業をお話させていただきます。

 

昨日から今朝にかけて

和歌山県庁と開催地である那智勝浦町の職員の方たち4名が

はたやま夢楽へ、出演依頼にお越しいただいていました。

 

 

大学時代、故郷の段々畑の保存活動に躍起になっていた私は

手当たり次第に…というか、無鉄砲に…というか、

関係あるであろう、興味を持ってもらえるであろう

と勝手に思った人のところを訪ね歩いていました。

 

その一人で、今もお世話になってる

棚田学会、棚田ネットワークの中島峰広先生から

ご紹介いただいたそうです。

 

去年、「山形に来ないか?」と声かけてもらったけど

出産直後だったので、涙ながらに参加できず…

「今回は、どうだい?」とお声かけいただきました。

 

で、そのまま、10月に行けば良いかな、と思っていたら

わざわざ畑山まで、お越しいただきました(^^;

 

 

中島先生に開催地である「色川」の話は聞いて

とても興味を持っていたところでしたが

実際に資料なども持って来てもらって話を聞かせてもらいました。

 

 

移住が始まったのが30年ほど前から

今では人口の3割くらいが移住者なんだそう。

地域の自治も発達しているようでした。

http://www.furusato-irokawa.com/

 

移住者の方たちは有機農業を目指しての移住だそうで

棚田の復活なども移住者の方たちが始めて

その後、地域の人たちを巻き込んで

今に至るそうです。

 

それぞれに商いも上手にされてるようでした。

お土産にいただいたのは

そんな色川の商品の詰め合わせでした♪

 

IMG_1704[1]

 

 

熊野詣の方たちへのお茶としての

茶どころだったそうで

無農薬のお茶や紅茶も作っているそうです。

 

天日塩も。

立地的には畑山のようなところだそうです。

山の中でお塩を作ってるんだとか。

 

というのも、海水をくみ上げて炊くのに必要な木材は

色川地区にある。

海辺まで木材を運ぶよりも、

海水を採ってきた方が良い、

ということで山中での塩づくりをされてるんだとか。

 

しかも複数種類ありました♪

 

炭塩

梅塩

ハーブのお塩

ゆずの塩

 

天日塩と聞いたら

土佐ジローにあわすしかないじゃないですか( *´艸`)

 

 

IMG_1706[1]

 

 

炭は臭みを消すということで

良い肉には向いてないということでしたが

私は、けっこう好きでした♪

その次が梅かなぁ。

 

 

美味しいお土産でした( *´艸`)

 

10月にお邪魔するのが楽しみです(^^)/

 

 

今すぐ宿泊予約する
今すぐランチ予約する